令和3年度 学校経営方針

令和3年度 和光市立第五小学校 経営方針

 

1 目指す学校像 

 笑顔あふれ、歌声響き、学び合う学校 

~一人一人の笑顔と歌声にあふれ、深く学び合い、生きる力をはぐくむ学校~

 

2 不登校撲滅を目指して

 不登校対策スローガン「Let’s 5 School!!」の徹底

 ・5小へ行こう!  ・5小で楽しもう!  ・5小で学ぼう!

 ・5小で遊ぼう! ・5小で好きなこと、得意なことを見つけよう!

 

3 いじめ撲滅を目指して

 ・「いじめ防止基本方針」の徹底 ・心の教育の推進 ・言語環境の充実

 ・「特別の教科 道徳」の充実 ・教育相談及び生徒指導体制の強化

 ・関係機関との連携強化

 

4 学校教育目標 

 心豊かな子ども

 進んで学ぶ子ども

   たくましい子ども

   地域を愛する子ども

 

5 児童像(南地区小中連携協議会にて統一する)

【めざす児童像】

 自立(ひとりで) 共生(なかよく) 健康(たくましく)  

(1)自立(ひとりで)

☆自ら進んで学ぶ子

☆自ら考え判断し、正しい行動ができる子

☆自ら考え、課題が解決できる子

(2)共生(なかよく)

☆誰にでも思いやりの心をもって接する子

☆みんなで学び合い、みんなのために働く子

☆いじめは絶対しない子

(3)健康(たくましく)

☆進んで運動し、体力をつける子

☆最後まで粘り強く取り組む子

☆早寝・早起き・朝ご飯を守って、健康な子

 

6 教師像

  研究と修養に励み、児童のよさや可能性を伸ばす教師

  温かさと厳しさを持ち合わせ、児童への愛情を表現できる人間性豊かな教師

  互いに切磋琢磨し、組織の一員として協働する教師

  児童や保護者、地域の期待に応える教師

 

7 学校経営方針

(1)確かな学力の育成を図る学習指導の充実

(2)豊かな心と健やかな体を育む教育活動の充実

(3)教職員の資質能力の向上と教職員組織の活性化

(4)教育環境の整備と充実

(5)学校・家庭・地域と一体となった教育の推進(地域を愛する子どもの育成)

 

8 さつきの子運動 生徒指導の重点項目

  ★さわやかなあいさつ(笑顔であいさつができる子)

    ★つよい心とからだ (心身ともに健康で、体力がある子)

  ★きれいなこうしゃ (学校をきれいに掃除ができる子)

  ★のばそう学ぶ力  (自ら学び、考え、発表できる子)

  ★心をこめたことば (思いやる言葉が、かけられる子)

 

9 DAIGO(5)プラン (重点・努力点)

(1)プラン1:学力・体力の向上 → 居心地の良い学級づくりと基礎基本の定着

○児童の自信と意欲を育む、居場所のある学級づくり

○分かる・楽しい授業、言語活動を重視した授業の展開

○体験的な学習、TTや少人数指導、ICTを活用した授業の充実

○児童一人ひとりのニーズに応じた個別の支援の充実

○体育授業の充実(技能の向上、運動量の確保等)

○早寝・早起き・朝ご飯の奨励

○家庭学習の取組の定着

(2)プラン2:読書活動の推進 → 読書好きな子を増やす

○朝の読書の充実(読み聞かせ・教師とともに読む読書)

○市立図書館との連携(団体貸出本・ブックトーク等)した授業・読書活動の充実

○読書カードを活用した親子読書の奨励。

○図書館ADの協力を得た読書活動の実施。

(3)プラン3:教育相談・生徒指導の推進 → モデリング・コーチング・フィードバック

○年間をとおした「気持ちのよいあいさつ運動」の実践

○元気な返事や場に応じた言葉遣いの指導の継続

○朝会等を活用した生徒指導(高学年が手本・あいさつ・返事等)

○生徒指導委員会を生かした未然防止と早期発見(情報の共有・共通指導)

○不登校解消に向けての継続的・組織的な取組

○「いじめは絶対しない」の繰り返し指導と事前防止

〇教育相談体制の充実(傾聴・受容・共感)

〇校内委員会との情報共有・同一歩調による指導の充実

〇教育支援センターとの連携強化

(4)プラン4:道徳・芸術(音楽・図画工作)・特別活動の充実 → 思いやり・表現力・自主性の育成

○主体的に学び合い、思考力を育むための道徳授業の実践。

○歌声が響く音楽教育の充実(感性・豊かな情操)

○特別活動の充実(学級活動・学校行事・児童会活動・児童集会・たてわり活動等)

○各教科等の活動をとおしたコミュケーション能力の育成

〇「ポジティブ・フォーカス」で互いの良さを認め合う人間関係の育成

(5)プラン5:安心・安全、開かれた学校づくりの推進 → 保護者・地域との連携

○教育活動の積極的な発信(HP・学校だより・学年だより)

○保護者や地域人材の協力を得た教育活動の充実

○魅力ある授業公開等の実施(授業参観・懇談会の工夫等)

○安全で明るい環境の整備

○実践を想定した危機管理体制の整備

○地区社協・自治会との連携による、安心安全な居場所等の整備

  保護者・地域が見守り、地域を愛する子どもの育成を図る。

 

10 民間の活用・関係機関との連携 

(1)漢字検定の継続的な実施

○基礎基本の充実・徹底に活用する。

○自主的な学びと、分かる・楽しい学習を通した達成感を味わわせる。

○漢字検定コーナーの設置

(2)道徳教育・外国語活動・プログラミング教育の推進

○講師を招聘し、指導方法など実践的な取組の充実・徹底を図る。

〇道徳教育の更なる充実のために、県からの委嘱を受け、「五小モデル」を策定する。

○積極的に先進校の実践や、新しい機器などを取り入れ、活用を進める。

(3)特別支援教育の充実

    〇教育支援センター、医療機関等の関係機関との連携により、教職員の専門性を向上させる。

(4)地域企業等との連携

○地域の方で、児童に夢を与えることのできる、または、夢を語ってくださる講師を招聘し、夢が膨らみ、自己肯定感を高め、自分の価値を見出せる児童を育成する。

 

更新日:2021年05月31日 17:25:44