カテゴリ:その他
1月12日(日) 令和2年 「和光市消防出初め式」が行われました。

1月12日(日)

令和2年 「和光市消防出初め式」が行われました。

昨日に引き続き、今日も朝早くから準備をしていました。

 

和光市内の消防団と、消防署の消防車が一堂に集まりました。

黄色い容器に消防用の水をためて使うそうです。

 

今日は、地震体験者(起振車)もきて、地震の体験ができました。

 

今日は、自治会の協力で炊き出しもしていただきました。牛丼でした。おいしかった。

 

「埼玉県南西部消防音楽隊」のみなさんに演奏していただきました。迫力がありました。和光市には4年に1回来てくださるそうです。演奏が聴くことができて、良かったですね。

 

総勢85名の団員のみなさんが、集まってくださいました。

 

開会し、音楽隊の演奏が行われ、行進曲で消防隊のみなさんが、行進しました。

 

これだけ多くの地域の方々や、子どもたちが見学に来ました。

 

育成会の子どもたちが、火の用心について発表しました。立派でした。

 

消防ポンプ車による消化の実演や、初期消火訓練が行われ、多くの方々が参加しました。子どもたちもたくさん体験しました。

 

プールめがけて、可動式ポンプによる一斉放水の訓練です。

 

地震により家が倒壊し、火災が起き、けが人が周りにいる想定で、訓練が行われました。

これは、インパルス消化システムと言って、水を霧状に噴射し、少ない水で初期消火に有効なものだそうです。隊員が背中にしょって近くで消火にあたることができるそうです。

 

いろいろな道具が積まれている消防車から、カッターやチェーンソーなどを取り出して救助に向かいます。

 

カッターでは鉄パイプを切断。チェーンソーで天井に穴をあけて、中にいる人を救助しました。

  

最後に一斉放水をして、鎮火しました。

 

車両の行進が行われました。

このようにして、和光市の防災が行われているのが分かりました。いつもありがとうございます。

今後もよろしくお願いします。

また、ご来校いただいた皆さん。ありがとうございました。

公開日:2020年01月12日 12:00:00
更新日:2020年01月12日 13:08:33